いろいろな方法があるゴキブリ駆除の実態と効果とは TOP

このサイトについて

家にいれば煙たがられ(亭主元気で留守がいい)、何か小腹を満たそうと夜中に台所をごそごそすれば嫌がられ、ご主人(亭主)の存在は以前と比べ、肩身の狭いものになってきたようです。やたらとキッチンに入りたがる亭主のことをゴキブリ亭主と揶揄されますが、行動がよく似ているのかもしれません。また、アメリカでも「COCKROACH HUSBAND」とゴキブリ亭主という言葉があるそうですが、この意味は家事のことを何もしない夫のことをいうそうです。

このようにゴキブリという言葉はどの国においても敬遠される厄介なもののようです。亭主はともかくとしてゴキブリが家の中を這い回るのは嫌ですよね。そんな家にいて欲しくないゴキブリですが、一度駆除をしていなくなったと思ったら、またいつの間にか出現してくるといったことの繰り返しのようです。

ゴキブリ駆除にはいろいろな方法があるようですが、一番身近なのが市販のゴキブリ駆除用の殺虫剤などです。これらの殺虫剤は、価格や種類も様々ですが、直接ゴキブリに吹きかけて駆除するタイプと、エサなどでおびき寄せて駆除する待ち伏せタイプとがあります。また、殺虫効果のある煙を発生して駆除するゴキブリ駆除の殺虫剤もあります。このほか、専門の業者に依頼し、料金を払って駆除する方法もあるようです。
なかなかそのゴキブリ駆除に悩む人が多い現在、このゴキブリ駆除は永遠のテーマのようですね。

    コンテンツ一覧

    おすすめ情報

    Copyright(C) いろいろな方法があるゴキブリ駆除の実態と効果とは All Rights Reserved.