いろいろな方法があるゴキブリ駆除の実態と効果とは TOP > コンテンツ一覧 > 台所に出現するゴキブリの生態と驚くべき生命力

台所に出現するゴキブリの生態と驚くべき生命力

ゴキブリは誰しもそのグロテスクなカタチと色に嫌悪感を抱くようです。ゴキブリ駆除のための殺虫剤はどの過程にも常備薬のように置いてあるでしょう。料金も駆除できる広さやその量、また方法や殺虫能力などに応じて違ってくるようです。そのゴキブリを駆除する前にその生態を知っておかなければならないでしょう。

ゴキブリは何と3億年以上前から生き続けている「生きた化石」といわれています。それだけ強い生命力と繁殖力がある証拠でしょう。このゴキブリは日本には約60種類が生息し、そのうち屋内で見られるのが10種類くらいだそうです。在来種は1種だけで他は海外との貿易などで日本に持ち込まれ、日本に住み着いています。寿命は約1年前後ですが、この間に産卵を繰り返すので繁殖力が大きいといわれています。

習性は夜行性で日中は温かくて狭い場所(巣)に複数で住んでいます。夜中喉が渇き、台所に行って照明をつけた途端、がさごそとゴキブリが動き出すのを見た方はたくさんいらっしゃるでしょう。この台所でよく見られるのがチャバネゴキブリというものです。このチャバネゴキブリも生命力が強く、水だけで45日間も生き続けたという記録もあるほどです。そのヒミツはゴキブリをつぶしたときに出る脂肪体という白い液です。この脂肪体が栄養を蓄え、不足するとそこから補って何日も生き延びることが出来るのです。驚くべき生命力のなぞが解ったようですね。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) いろいろな方法があるゴキブリ駆除の実態と効果とは All Rights Reserved.