いろいろな方法があるゴキブリ駆除の実態と効果とは TOP > コンテンツ一覧 > 夜と夏に活発な行動を起こすゴキブリのヒミツとは

夜と夏に活発な行動を起こすゴキブリのヒミツとは

一戸建てやマンションなど、現在の家屋は密閉性に優れ、暖かい部屋が多くなっています。そのようなことからゴキブリにとっては好都合な住みかとなっているのです。ゴキブリは夜行性だということですが、暗くてもその触角の働きで食べ物や水のある場所を探します。また、臭いでも食べ物を探し出します。これら長い触角や臭いなどで暗いところでも目の代わりとして行動が出来るようになっているのです。

このゴキブリの習性である夜行性は彼らにとってとても都合が良く人間様が寝静まったときに安心して行動(食べ物を探したり水の場所を求めたりすること)出来るからです。昼間に行動すると、家の人がいる場合は安心して行動することが出来ず、殺虫剤や丸めた新聞紙の餌食となってしまいますよね。ゴキブリにとっては人間様が一番怖い存在でしょうから、人目を避けて行動するには夜型タイプが好都合となっている訳です。

ゴキブリの行動が活発になる季節は夏前後だといわれています。それはゴキブリの活動温度が18度以上から30度前後までを好む習性があるからです。特に活発になるのが30度前後なので、夏大好きということでしょう。それから湿気があるところも好むので、梅雨時などもその行動が活発になるようです。

そのため、このような時期にゴキブリと対面する機会が多くなるので、ゴキブリ駆除にも精が出る季節になります。表面的な駆除は殺虫剤などで出来るかもしれませんが、営巣などから完全に駆除するためには専門の業者に依頼することも一考です。料金が高く掛かるからと敬遠しがちですが、毎年ゴキブリで嫌な思いをされている方は、専門のプロに頼んでみるのも良いかと思います。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) いろいろな方法があるゴキブリ駆除の実態と効果とは All Rights Reserved.